新着情報

一覧を見る

2016/06/30

7月医師のご案内

7月2日(土)、16日(土)、30(土)は陳先生の診察になります。

2015/04/01

※土曜日の診療は午前のみになります。

2016/01/25

※20分で結果が出るアレルギー検査

20分でご自分に何のアレルギーがあるのかを調べることができます。
注射器を使いませんので小さなお子様でも負担が少なく検査できます。

2015/06/22

※自動車、バイクでの来院ご注意ください。

黒いものが飛んで見える、最近急に見えにくい、糖尿病による検査の方は精密検査(眼底検査)
が必要になる場合がございます。
瞳孔を検査薬で散瞳した状態にするため、4~5時間見えにくくなります。
お帰り時に見えにくくなりますので自動車、バイクでの来院はお控えください。

ごあいさつ

「見る」ということは、生活する上でとても重要な感覚です。
たとえば少し視野が欠けても、無意識のうちに眼を動かしたり、左右の眼で補ったりしますので、欠けた視野を自覚することが難しく、異変に気付くのが遅れてしまうことも多いのです。

眼の病気はさまざまですが、早めに対応することで、症状の悪化を防ぎ、より長く「見る」という機能を保つことができます
また、眼に症状が現れるものは全身の健康状態にもつながっている場合が多いため、高血圧や糖尿病等、生活習慣病の疑いのある方は、眼に関しても定期的な健診を受けられることをおすすめします。

すぎうら眼科は、患者さまがお気軽にご相談いただける「眼のかかりつけ」医です。
眼について、「なんだか気になる」と思われたら、お気軽にご来院ください。

>> 院長紹介はこちら

OCTを導入しています。

当院では、OCT(光干渉断層計)を導入致しました。

この装置は、眼底内部の検査を「低侵襲」で、なおかつ「短時間」で行うことができます。
従来の機械では観察しづらかった網膜などの状態を観察できるようになり、患者様にはより少ない負担で精密な検査が出来るようになりました。

【OCTとは?】
OPTICAL COHERENCE TOMOGRAPHY(光干渉断層計)の略で、光の干渉現象を用いる事で、生体などを断層構造として観察・測定できる装置です。

【優れていること】
この装置では、迅速かつ低侵襲で網膜などの断層面の観察や立体構造の解析が行え、適応は加齢性黄斑変性、糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑浮腫、網膜剥離、緑内障など、疾患の早期発見や精密な検査に貢献します。

診療内容ピックアップ

一般眼科(白内障・緑内障・網膜症) 「近視や遠視の度が進んだ」「眼が疲れる」といった症状は、 眼の病気が原因の場合があります。 症状の進行を防ぐためにも、早めにご相談ください。最近、眼鏡の度が進んだ 視野に細かいゴミのようなものが見える かすむ・まぶしい 眼が疲れる 子どもの眼科(弱視・近視・遠視・斜視) 9歳までに「きちんと見える」状態を作ってあげることで、 脳が「見る」ことを覚えていきます。「見る」ことは、 生活全般のほか、学習やスポーツにもとても重要な感覚です。 お子さまの眼の様子にご不安がおありでしたら、 お気軽にご相談ください。 瞳の位置がズレることがある 眼を細めたり、しかめたりする 本などを目に近づけて読んでいる まばたきが多い 詳しくはこちら クリニックモールにある眼のかかりつけ医院 院内は完全バリアフリー。車イスの方、ベビーカーの方もご安心いただけます。 横浜市営地下鉄ブルーライン「新羽駅」から徒歩3分。 クリニックモールの駐車場10台分ございます。 詳しくはこちら

当院の概要

■ 所在地
〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽1671
クリニックフロアー1階

■ 電話番号
045-533-1203

■ 最寄駅
ブルーライン「新羽駅」より徒歩3分
※クリニックモール駐車場10台分有り

■ 診療時間
9:30~12:30 14:30~18:30

■ 休診日
木曜・日曜・祝日
すぎうら眼科 ホームページを見たとお伝えください 電話番号 045-533-1203 診療時間 9:30~12:30 14:30~18:30 ※土曜の午後診療は12:30~14:00(※特殊検査予約のみ)※休診日…木曜・日曜・祝祭日