ホーム > 子どもの眼科・小児眼科

子どもの眼科・小児眼科

子どもの眼科・小児眼科

【子どもの眼の治療や健診を行っています】

「ものを見る」ということは、言葉を話すように乳幼児期に少しずつ学習して修得していく機能です。
眼に映るものが何かを脳が覚えることで、「見る」という機能が発達していきます。
そのため、もし乳幼児期にきちんとものが見えていない場合、眼の機能は正常でも視覚の発達が妨げられることがあります。この場合、9歳までに治療を開始することで視力は大幅に回復しますが、それ以降になると改善は難しくなってしまいます。
子どもの一生にかかわる、大切な眼。
小さなことでも放置せず、ぜひ早めにご相談ください。

症状

症状

子どもの眼を観察していて、少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

まばたきすることが多い
目をしかめるような表情をする
たまに目の位置がズレることがある
見たい対象へかなり近づいてから見る
充血している
目をよくこする
目やにが多い
横や上下などが見えにくい様子(視野が狭い)
まぶしがる

弱視

乳幼児期に、遠視や近視、斜視や形態覚遮断等によって「見えていない」という状態が続くと、視覚の発達に障害を与えてしまします。これが弱視です。
早い時期に治療を開始すれば視力改善が可能ですが、学童期を過ぎると難しくなってきます。

【弱視の種類】
・屈折異常弱視
・不同視弱視
・斜視弱視
・形態覚遮断弱視

早期に治療を行うことで、矯正が可能となります。

斜視

斜視を大きく分けると内側に向く「内斜視」と外側に向く「外斜視」の2種類になります。
さらに「内斜視」の中では生後6ヶ月頃までに起こる「乳児内斜視」と強い遠視により起こる「調節性内斜視」があります。

●乳児内斜視
原則としては手術を必要としますが、稀に成長とともに自然治癒する場合もあります。

●調節性内斜視
一般的には、メガネやコンタクトレンズを使用し矯正治療を行います。
矯正治療を行っても斜視が残る場合には手術を行います。
外斜視については「間欠性外斜視」「恒常性外斜視」「麻痺性斜視」「偽斜視」があります。

●間欠性外斜視
健康状態でいる際は正常ですが、疲れなどがたまった時などに斜視状態になります。
斜視の中で比較的多い症状になります。

●恒常性外斜視
恒常性外斜視は常に斜視状態が続き、正常に戻ることはありません。

●麻痺性斜視
目を動かすための筋肉や神経の異常が原因となる斜視です。

●偽斜視
まぶたの形などによって斜視のように見えますが、実際は斜視ではありません。

遠視


物が見える仕組みは、眼の中に入ってきた光が屈折して網膜に焦点を結ぶことにより、視神経にその情報を伝えることで物を見ることができます。遠視とは、屈折異常のひとつで遠いもの・近いものに関係なくはっきり見えない状態のことです。
遠視の状態をそのまま放置しておくと、ピントが合わなくなり、眼が内側へよってきてしまいそのまま内斜視になる場合もあります。

近視


遠視と同じように屈折異常のひとつになります。
近視の場合は遠方から入ってきた光を網膜の手前で像を結ぶので、遠くのものがぼやけて見えるのに対し、逆に近くのものはハッキリと見ることができます。遺伝により近視になることも多いですが、近くを見ての作業が長時間続く環境の場合でも、近視になる可能性を高める要因です。
症状

●近視の予防方法

お子さまの場合、普段ちょっとしたことを心がけておくことで、近視を予防、またはそれ以上進まないようにすることができます。

✔ 正しい姿勢で読書、勉強、デスクワークを行う
✔ 目の疲れを感じたら、こまめに休憩をとる
✔ 明るすぎる/暗すぎる照明から、適度な明るさに環境を整える
✔ パソコンなどを使う際には、30分ごとに休憩を入れる

近くを見る時には、眼の中にあるレンズを厚くするための筋肉が緊張状態になっています。
近くを見る作業が続いたら、少し遠くを見て眼を休めるといった習慣をつけるようにしましょう。

すぎうら眼科 ホームページを見たとお伝えください 電話番号 045-533-1203 診療時間 9:30~12:30 14:30~18:30 ※土曜の午後診療は12:30~14:00(※特殊検査予約のみ)※休診日…木曜・日曜・祝祭日