ホーム > 近視抑制レンズ

近視抑制レンズ

近視の進行を抑制する眼鏡

MCレンズとは、お子様の近視が進行しないように特別に設計された世界で初めてのレンズです。

長時間の細かい近距離作業を続けると目のピント調節をする毛様体筋など眼への負担が増します。これが近視の進行を早めることになります(調節ラグ)。

眼の内側にある近距離を見る時にピントを調節してくれる筋肉(毛様体筋)を手助けすることで、近視の進行を抑えられると考えられています。MCレンズは、この方法を取り入れて使用します。

眼の断面図

◆遠くの物を見るときは、ピントを調節する筋肉(毛様体筋)は休んだ状態にあります。

◆近くの距離を通常のレンズで見ようとすると、“調節”のため眼には大きな負担がかかってしまいます。

◆近くの距離をMCレンズで見ると“調節”にかかる負担が少なくなるので、眼は楽になります。

MCレンズを使うと近視の進行をある程度抑制できる効果が実証されています。

MCレンズは科学的エビデンスによって近視の進行を抑える効果が高いと裏付けされた希少な“近視進行抑制法”のひとつになります。岡山大学の眼科でMCレンズが近視の進行をどの程度抑えられるのかの実証研究を4年に渡り行いました。それにより、通常のメガネを使用するのに比べ、MCレンズを使用するほうが平均で15%程近視の進行を抑制するのに効果的であると結論づけられました。

MCレンズの仕組み

MCレンズを使用する目安

近視が進行し始め、7歳を過ぎた頃から使用を開始して下さい。
進行してしまった近視は治るまでに時間がかかるので、早期発見、早期抑制がとても大切になります。近視の進行は成長期に急速に加速します。そのため7歳頃に使用し始めたら、18歳頃までは抑制をし続けましょう。
すぎうら眼科 ホームページを見たとお伝えください 電話番号 045-533-1203 診療時間 9:30~12:30 14:30~18:30 ※土曜の午後診療は12:30~14:00(※特殊検査予約のみ)※休診日…木曜・日曜・祝祭日